読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消化試合肝臓エコーからの胆石疑い

ガンマGTPが悪かった血液検査の結果から

受けることになった

肝臓エコーは、完全に「消化試合

という雰囲気で始まった。

 

スラムダンク』の安西先生のような

内科医師が尋ねる。

 

「あーた、アルコールは?」

「一滴も飲みません~」

「あーそう、じゃあ大丈夫よ。

 肝臓は、ほぼほぼアルコールが原因だから!

 ふおっふおっふおっ」

 

よいしょー、という掛け声とともに

エコーに使うローション容器を

一振りした医師は

どっこいしょ~、とスーパーのスキャナー

のようなエコー器具をぐいぐいと

私の腹に押し付けるのだった。

 

弛緩した診察室の空気は、しかし

医師の一声で一変した。

「あ。石があるぞ」

「石!胆石ですか!?」

「うーん、そうね……。」

 

医師は少し言いにくそうにしていたが、

そう聞いた瞬間、私は力強くこう言っていた。

「やっぱりーーーー!

ずっと痛かったんですよーーー!」

 

痛みがあるのに原因がわからない

ことほどイラつくことはない。

私は右腹部分の原因の分からない

痛みに、この10年ほどイラついていたので

ようやく原因が発覚したことで

「してやったり!」と

いうか、

ある種、ほっとしたのだった。

 

「『総胆管結石疑い』ということでね。

CTを受けたほうがいいよ。

紹介状、書きますからね~」

 

エコー開始時に比べると

医師が少し気の毒そうに

私を見るのが不思議だった。

 

それほど、すがすがしい気分だったが、

あまり感慨にもひたっていれなかった。

CTスキャンを受けに

別の機関に行かねばならず、

しかも本日、これから行ってくれという

ことだった。

 

その時点で初めて驚いた。

「あれ?胆石って、

『なるはや』で

CTスキャン受けなきゃいけない

もんなのかしら?」

 

CTは朝食抜きにする必要があるという。

エコーのために

朝食抜きにしていたので

丁度いいから、

という程度のことなのかもしれない。

 

「ハラ、減った……」

思いながら、

電車に乗って

CTスキャン装置のある

病院へ向かった。