読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえて停滞期

私、ほぼ月一ペースで

血液検査しており、

本日もやってきましたよ、

採血。

 

その時体重を測って

判ったのですが、

ワイ

先月の採血時と比べて

2.9kg減っていた。

 

なにごとにも

猜疑心が強いので、

にわかに信じる気にはなれません。

 

そんなにうまく減る訳がない……。

体重計が壊れてるのかもしれない……。

まやかしかもしれない……。

 

などという思いを一旦わきに置いて

体重減が現実だと仮定して

ハナシを進めます。

 

ここで勢いにのって

イッキに体重を減らしたい!

というのが本音ですが、

格闘家に学ぶ体脂肪コントロール―なぜ格闘家は3時間で3kg体重を落とせるのか?

によると、私は

もう今月は体重を減らさないほうが

よいようです。

 

カラダは体重の5%をロスすると生命に危険な状況と察知します。

防衛本能から、それ以上体重(体脂肪)を落とさないように
代謝を下げて停滞期に入ってしまいます。

でも、代謝の循環をまわしながらこの停滞期に体重を減らさず、

わざと安定させる選択をすると、約一カ月で体は停滞期を解除し、

再び脂肪燃焼作業にゴーサインを出すのです。

格闘家に学ぶ体脂肪コントロール―なぜ格闘家は3時間で3kg体重を落とせるのか?

より

 

 

そうよね……。

がむしゃらにやればいいって

もんじゃないわよね。

 

羽生結弦氏のコーチ、

ブライアン・オーサーさんも

著作『 チーム・ブライアン』で

ピーキング

の大切さについて

語っているじゃないの。 

 

その後ヨナは足首を痛めました。オリンピックの一週間ちょっと前です。もちろんお母さんや代理人は心配しました。でも彼女は落ち着いていました。しばらく休養をとってコンディションをいったん下げれば、そのあと再び調子を上げていけると、練習を通して彼女は理解していたからです。いったん上げて、下げて、また上げるときに最高のパフォーマンスができることを、もうヨナは知っていたのです。ピーキングの仕組みを完全に把握していました。

チーム・ブライアン 』より 

 

運動量を減らして、

食べる量も工夫すれば

あえて停滞期に入れる

らしいので

試してみます。