読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腫瘍命名とプロテイン購入

命名

かねてより私の体内には
かけがえのない存在が宿っていたことが、
最近あたらしく判明しました……

my プレシャス……それは、腫瘍s(複数形)。

現在私の体内には腫瘍ちゃんたちが3名いらっしゃいます。

先日観た映画『マッドマックス』では、
登場人物ニュークスが自分の肩のところにある
腫瘍に名前を付けて友達としてあつかっていました。

自分の腫瘍に名前をつける……?
かっこええ‼
友達いないから私もまねしようっと!

命名:
腫瘍①:フュリオサ
腫瘍②:マックス
腫瘍③:ニュークス

 

ニュークス

先日腫瘍③、主にニュークスを検査しました。

 

(以下ツイッターより)

  • 造影剤を点滴で静脈に注射しながらCTで胴体をスキャンしてもらう検査うけた。けれど私の体がミイラ状態なのだと思う。まず使える血管がなく、点滴用の太い針が入る血管が腕にない。いくら探しても、ない。刺しても刺してもない。

 

  • 検査の前段階である「針を刺す」が実現できないために、CT室を退場になった私は別室で看護師2名に両腕をさすったりぺちぺちしてもらったが、いっかな、血管は発見されなかった。

 

  • 選手交代すること、4回……通常は違うフロアにいるっぽい人や血管が透けてみえる秘密兵器まで総動員し、約一時間経過……ようやく血管に針が刺さった!さあ検査だ!

 

  • CTのへやに戻り、点滴の機械とワタクシのカラダがめでたく繋がった! 「今から造影剤を静脈注射しますからねー。私は隣の部屋にいますから」 と検査技師さんが退室した瞬間、私は見た。造影剤が、細い点滴の管を通ってワタクシの血管に注ぎ込まれるはずのハイオクタンが、ダバダババァァァーと私が横になるCTの台に盛大に注がれるのを!そう、ハイオクタン造影剤は私の血管に入るのを拒否。代わりにCTの機械へとダイブ、殉死する方を選んだのだった……「俺を見ろ」と造影剤が誇らしげに言うのが聞こえるようだった。

 

  • 私の血管のせいでCTの機械は汚染され検査できなくなってしまいました。ので、再びCTのおへやをチェンジ。CTの機械が複数ある病院だったのが不幸中の幸いでした。

たぶん、CTを邪魔する妖怪のしわざだと思うんです。

 

プロテインシェイカー探し

ハナシはかわって、ようやく、己の
ウェブ検索能力で見つかった限りでは
最安値(現時点)のプロテインを購入。

甘い飲物苦手なので、味はあえてプレーンです。

 

今日初めてジム後飲んでみました!

ごくごくごく……

 

これは せっけんの あじね。

うちで使ってる無香料石けんと同じ匂いがします。

 

(理由は推測するに、
プロテインホエイプロテインなので牛乳の
成分です。うちでつかってる石けんも、
牛乳石けんだから、それでおなじかほりが?)

 

シェイカーは、
「手持ちのステンレスミニボトルでええやろ」
と思っていたんですが、口のところが狭すぎて
プロテインのばさばさした粉を
投入するのは不向きということが
判明しました。

 

よって今はシェイカーを探しています。

 

私が買ったプロテイン

 

 マッドマックス↓