読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットというお布団

先週から風邪でトレーニング挫折中。

 

それはさておき、わかりやすく象徴的な夢をみたのでメモさせてください。

※夢のハナシをブログに書くことほどつまらないことはない

と常々思っているので、スルー推奨です……。

 

****

 

愛用のお布団を、なぜかカバーを取り外した

真っ白な状態で使っていた。

 

よく見ると、その白いお布団の表面には自分の悪口がびっしり

かいてあった。

 

「デブ」

「ブス」

「臭いんだよ」

「死ね」

などなど。

 

いろんな人の筆跡で、いろんな色のボールペンで書かれていた。

顔を近づけてよーく見ると、中には励ましやアドバイスの言葉もあった。

しかし励ましの言葉にまぎれて、やはり悪口も書いてある。

 

「○○のときは○○すればいいよ♡」

「がんばって」

「FUCK YOU!」

 

あまりに入り乱れているので私は思った。

「混乱するから、あまり読まないようにしよう……」

 

そしていろんな言葉がかかれた状態のお布団を

かぶって、「ま、いっか」と寝た。

 

以上

****

 

思うに、いろんな言葉がかかれたお布団は

ツイッターを象徴しているんでしょうな。

 

わかりやすすぎ!

 

インターネットを介して、私は

いろんなお言葉をいろんな方々からかけてもらっている。

中には快いお言葉も、ちょっとやなお言葉もあるけど、

それら全部にくるまれて自分が存在してるんだろうな。