読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱だけど腫瘍たちは今のところほぼほぼ良性

とりあえずカラダにある腫瘍たちは良性だろうという推定のもと暮らしておりますが、

「検査が間違ってて、本当は悪性なのかも?」

「今は良性でも、じわじわ悪性に変わるかも?」

「腫瘍とは別の部分ががんになるかも?」

という可能性は0ではないので、経過観察が必要になります。

これまでのオハナシ→

腫瘍命名とプロテイン購入 - MAD胆石疑い・怒りの腫瘍もちアラフォー女性がそれなりの健康を目指すダイエット・筋トレ日記 ~石の上にも3年~

 

そこで先日経過を観察するための検査をしてきました。

 

腫瘍①マックスと腫瘍②フュリオサ

この2名は今までは書いてませんでしたが、乳がん疑いでした。

経過観察の結果、3カ月前からこの2名は成長していませんでした。

ということでこの腫瘍2名に関しては実質良性、とのことでした。

今後は年に一回マンモグラフィーを受けて新たな腫瘍ができていないかチェックをつづければいいそうです。

 

 

腫瘍③ニュークスくん。

ニュークスくん……ああ、7㎝のニュークスくん……。
君のことは嫌いじゃないけど、君のことを考えるとなんだか不穏な気持ちになるよニュークスくん……。

 

先日、ニュークスくんの経過観察のために「造影剤を使ったエコー」をやりました。

検査のときはなんでもなかったのですが、その日の深夜から嘔吐、腹痛、寒気、などなど、これは造影剤の副作用か?食中毒か?腸炎か?と思うような症状がでてびびりました。

 

とはいえ私は持病が多い。メンタルが原因かもしれない。更年期が原因かもしれない。はたまた、もう一つの持病が原因かもしれない。

 

ああ、体調不良の原因に心当たりがありすぎるアラフォー。

体調不良の原因が特定できない!

 

検査結果を聞きにいくと、ニュークスに成長は見られないとのことでした。

それはさておき、私は検査後、食中毒のような症状がでて吐き気がとまらない、造影剤の副作用ではないか、と聞きました。

ドクターは「副作用ではなく、ただの風邪なのでは……?」とおっしゃったのですが、私はしつこく食い下がりました。

「副作用じゃないとしてもウイルス性のやばいヤツだったらどうすればいいですかね?ちなみに肝臓の腫瘍マーカー(がんかどうか見極める項目)とかしなくて大丈夫ですかね?吐き気がするー、あー、吐き気がするなー。」

 

ということで血液検査を行うことになりました。

採血後もめまいがし、看護師さんに頼んで横になって休ませてもらいました。

 

血液検査の結果は、(肝臓の数値が悪い以外は)完全な健康体。風邪すらもひいていませんでした。

 

「とすると……この吐き気とめまいと頭痛は……メンタル的なもの、もしくは更年期的なホルモン的な領域ですかね」

「この血液検査から判断する限りその可能性は高いですね」

「センセイありがとうございます!抗生物質とかのまなくちゃいけないのかと不安だったけど、これで安心できました!」

 

脇道にそれましたが、ニュークスに関しては、今後も育たないかどうか半年に一度はエコー検査を行うそうです。もし将来的に育っていたら、がんだそうです。

 

やっぱり鬱でパニック障害

血液検査で健康優良児の太鼓判を押された私。

その足で主治医の元へ向かいました。

 

健康優良児とはいえ、吐き気・頭痛・寒気などは健在なのです。ただ、胃や腸などの器質的な問題はないと分かったので、少し気はラクになりましたが、いかんせん、症状は存在を主張しつづけて、歩くと吐き気がする。呼吸が苦しい。

 

これがメンタルな症状のやっかいなところです。カラダが器質的になんか問題があるのか否か、自分では判断がつかないのです。

 

原因については、造影剤の副作用・食中毒か・腸炎の可能性は消えた。

残るは更年期かもう一つの持病か、メンタルだが、まあ、おそらくメンタルだろう、とアタリをつけての主治医の訪問です。

 

主治医の診断は早かったです。

腫瘍の検査と血液検査の結果を伝え、自分の近況をつたえると、一言。

「ああ、そりゃパニック障害だね。ストレス性の胃炎も併発してるんだよ。実感してなくても、環境の変化でストレスなんでしょ。」

 

肝臓のドクターのところではいろいろゴネましたが、ここでは一切疑問はかんじませんでした。

 

私は最近すこし環境の変化がありました。主治医のところには2週間に一度は訪問して、近況を都度都度話してあります。しかも、もう主治医とは5~6年のつきあいでもあります。

主治医は私の状態を総合的に見て、素早く診断を下すことが可能ですし、私も主治医のことを信頼しているので疑問は抱かないわけです。

 

やはりずっと経過を見守ってもらっている主治医は頼りになるなあと実感した次第です。