読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱だけど子宮内膜症治療について悩んでいる

体調不良のぼやきばっかりで、すみませんねぇ……。
本当は筋トレブログなのに。

 

今処方されている子宮内膜症ようの薬があってないと思う。

 

今悩んでいるわけです。

①かかりつけに行って超低用量に戻してもらえるよう交渉しようか?

もしくは

②前行っていた大学病院(かなり確実に低用量ホルモン剤を処方してくれる)に戻ろうか?

 もしくは

③近くで低用量ホルモンを出してくれる町の女性科を探す

☆ ☆ ☆

 

先月、痛みと出血があり、エコーをしたら卵巣がはれていた。2週間たって再度エコーしたらはれはひいていたので、大丈夫でしょうとのことだった。

 

今月も痛みと出血があるから今、また卵巣の野郎が はれてるんだろうと思う。


今までは、エストロゲンと黄体ホルモンが両方はいっている超・低用量ホルモン剤で治療していた。

 

しかし肝臓の数値が悪い、などの理由から黄体ホルモンだけの薬に処方が変わった。

もしこれで効かないなら「別の薬」にしましょう、と言われたんですが、

その「別の薬」がRかD※だった(どっちだったかあやふや)。

 

※私はネットで薬の商品名を書くのに抵抗があるので、頭文字だけです。

 

提案を聞いたときに「げえっ!」と思った。どっちも使いたくない。

 

 私はこの10年、絶対それらの薬だけは使いたくない一心で、低用量ホルモン剤を出してくれる病院を探し出して子宮内膜症の治療を続けてきた。

 

10年経ってもRとDが現役で使われてるんだ!とびっくりした。この2つは副作用が強く、うつが出たり骨量低下が起こる。

うつの治療真っ最中のわたしが使っていい薬とは思えないんだが……。

子宮内膜症の治療でその2つを使っているのは、日本だけだ。もともとこれらの薬はがんの治療に開発された薬とのこと。

子宮内膜症ごときで副作用の強いそれらの薬を使うのは、ホルモン剤(いわゆるピル)の使用が長年禁止されていた日本だけ。※

 

 ※出典↓

 

あなたを守る子宮内膜症の本

 

私にとっての子宮内膜症の治療は

「いかにRとDを処方されない治療をするか」

を課題に歩み続けた旅でもあるわけです。

いつまで逃げ続ければこの薬を処方されなくて済むんだろう。

うんざりだわ。

 

しかし、新しく処方された黄体ホルモンだけの薬が効けばいいわけだと考えた。
黄体ホルモンだけの薬のほうが肝臓に負担が少ないと言われたし、まあ試してみようと思った。

 

しかし、先月も2週間ほど不正出血が起こったし、今月も不正出血がつづいているし、今月のほうが痛みが強い。

生活できないレベル。

 

不正出血がつづいたせいで、内膜症による炎症が悪化して痛みが強くなったんじゃないか?と思う。

 

そしてこのままじゃ来月もまた出血→炎症が悪化→さらに激しくなる痛み→生活ができない。

の悪循環がつづくんだろうなあ。

 

さっさと病院行けってハナシですね。

なぜ行かないかというと、今のかかりつけに行ったら、RかDを出されそうで嫌なんだぁ。

 

センセイ、かかり始めたころは超・低用量ホルモン出してくれてたのになんで黄体ホルモン処方したりRかD使うって言うの~(泣き。

 

町の女性科はほとんど『産科』が専門なわけだしだし、女性科疾患の治療法全般(子宮内膜症治療含む)については専門外らしいからしょうがないのか……。

 

で、今悩んでいるわけです。

①かかりつけに行って超低用量に戻してもらえるよう交渉しようか?
メリット:町の女性科なので予約を取ってすぐ行ける。気軽。

デメリット:「超低用量にしてください~そこをなんとかお願いします~」と医師と押し問答するのが気が重いし、時間もかかりそうだし、気まずくなるし嫌だなぁ。

 

もしくは

②前通っていた大学病院(かなり確実に低用量ホルモン剤を処方してくれると思われる)に戻ろうか?

メリット:たぶんRもDも使わない、低用量ホルモンを処方してくれると思う。たぶん。

デメリット:予約をとって実際の診察まで時間がかかる。大きい病院なので通院がおおげさ、気軽感がない。

 

もしくは

③近くで低用量ホルモンを出してくれる町の女性科を探す

メリット:近場なら気軽にさくっと行けそう

デメリット:実際に診察してもらわないと、そこの医師がRとD派か低用量ホルモン派かわからないので、何軒も試さないといけないので時間と体力と気力が超・必要になる

 

 

(本題は以上です。以下、ただの本日の体調のぼやきなのでお時間のあるかただけ推奨です)

☆ ☆ ☆

 

昨夜遅く、かかりつけの女性科で今日診てもらえるようネット予約を入れた。病院に行く気満々で眠りについたが今朝早朝、私の中の別人格が

「もう痛くなぁい!へーきへーき、病院いかなくてもいい、もう痛くないから!」

と携帯から予約を取り消してしまった。

 

しばらくしてまた目覚めたらやっぱり下腹部が万力でねじられるように痛い。

痛くて動けない。

動くのに痛すぎるからキャンセルしてよかったかも?と思いつつ痛み止めなど飲んだところ、モーローとしてまっすぐ歩けない。トイレに行くにも段差でヨロヨロする。

 

一日中麻酔にかかったみたいで、頭の中は霧がかかったようだった。

ようやく19時ごろやっとちょっと動けるようになった。

一体、あたしは何をやってんだろう。

 

根っこが生えたようにモーローとねてたのだが、今日に限ってピンポンがなったような気がする。

「動けないし、出れないよおいら……」

とぼぉっと思いながら布団の中でじっとしてました。すみません!

いやまだ夢という可能性もあるけど……。

 

加えて、夜逃げ?したご近所に裁判所や大家さんたちが突入し、中の荷物を運び出してる音がしてた気もするけど、それもぜんぶ夢かもしれない。

 

「裁判所です!○○さん、鍵あけますよぉ!(ガチャガチャ)」

「いやあすみませんねえ」←大家さんと思われる

「はい荷物は段ボールと、あと衣類の入ったバッグ一つ!」

 

という声や大勢の人がドタドタと部屋に出たり入ったりする音が、霧の向こう側で起こっている出来事として聞こえてきた。

アパートから夜逃げしたらああいうふうに処理されるんだな、勉強になった。

夢かもしれないけど、私もちゃんと家賃を振り込まねば。

 

 動けるようになってからパソコンを立ち上げ、

「私はなんでパソコンの前に座ってるんだっけ」

と30分くらい悩んだ。なにかやろうとしてたんだけど、座った瞬間全部忘れた。

 

30分くらい経ってから自分のツイッターを読んで
「家賃を振り込もうと思ってたんだ!」
とようやく思い出す。

 

いつもネットで振り込んでるんだけど、数分で終わる作業が、10分くらいかかった。

 大丈夫なつもりでもやっぱり頭が回っていないなんだなー。