読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱だけどPTSDの病識がなかった

あんまり診断名などはこだわらないほうで、

病名なんてものは医師が処方箋を書くための

便宜上のラベルにすぎない、くらいに思っていた。

 

時代がかわれば診断名も変わるし。

つい数年前にも診断基準(DSM-V)が改訂されて

アスペルガー』は『自閉症スペクトラム』になったし。

 

だから10年くらい精神科に通っていても

自分の病名を医師に聞いたのは3年前が初めてだった。

自分の病名は

「PTSDとパニック障害」だった。

 

けどあまりイメージがわかなかった。

PTSDって、戦争や災害、もしくは殺人現場を目撃したとか

ものすごくショッキングな体験でなるものだと聞いていた。

私のようにただ両親と同居していたらPTSDになった

人の話しなんて聞いたことがなかった。

 

そんなわけで

PTSDと鬱を自分の中で「まあ似たようなもんだろう」

と雑にまとめてしまっていた。

 

しかし、そんな中で

「なんか自分は普通の鬱とは違う気がする」と

思っていた。

私だけが急に体調不良に襲われて動けなくなったり

内臓が痛くなったり

呼吸ができなくなったりしている。

本当にうつなのか?と思っていた(←いや、だからPTSDだよ)。

 

うつ病の人の手記を読んでも、なんかイマイチ

ぴんとこない。共感できない。

なんか自分とは違う。違和感があった。

 

しかし、鬱という言葉は世間に定着していて便利なので

このブログにも「鬱だけど」と書いてきた。

 

ところがある日発見した宿谷麻子さんという方ブログ

6月のつれづれ

を読んで、ものすごく共感した。

症状が私と似ている!麻子さんもPTSDだった。

 

そこで私はようやく自分がPTSDだということが腑に落ちました。

PTSDだと考えると、いろんなことに合点がいく。

 

haguki-lovey.hatenablog.com

たとえば、別ブログの↑この記事を書いたあと

刺すような腹痛に襲われた。

手が震えて、手汗が机の上に水たまりを作っている。

呼吸もくるしい。

こういう症状は鬱とはちょっと違う。

 

記事を書いたせいでPTSDのフラッシュバックが出たんだな。

今日は素直に納得することができた。

 

吐き気と痛みがひどかったので

ブログ記事を書いた後は動けず、

痛み止めをのんで午後いっぱい横になっていなければ

ならなかった。

 

以前ならなんでこんな変な症状が出るの?と

イラついていたところだけど、

今日の私は違った。

私はPTSDだから、ブログを書いたことによって

フラッシュバックを起こしているんだ!

だから不調になるんだ!

と、痛みに苦しみながらも自信をもって納得できた。

 

アルコール依存の人が「自分はアルコール依存なんかじゃない」

と思いつづける、

そういう状態を「病識がない」というらしい。

 

私もこれまで医師に言われても長いこと

PTSDの病識を持てなかった。

病識をもつというのが

いかに難しいかということが実感できた。

 

これからはPTSDという病識をしっかり持って

力強く、立派なPTSD患者として生きていければなと思う。

 

差し当たっては、このブログのタイトルの「鬱」という単語は

「PTSD」に差し替えたほうがいいだろうか。

悩んでいる。