読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡村靖幸 2016年冬ツアー『運命』感想書いてみた

豊洲pitでの最終日に行ってきました。

岡村ちゃんのライブに馳せ参じるのは実に3年ぶりくらいでございます。

 

駅から会場までの道のり、ニコニコした老若男女がたくさん同じ方向に歩いていて、私も嬉しくなりました。

 

豊洲ピット、初めてでしたが左右に長くて見やすかったです。

観客さまの年齢層は様々、男女比も半々くらいでバランスの良い印象。

 

以下セトリなどうろ覚えなので、間違い多々あると思います!曲のタイトルも確認せずに書いてるので細かく間違ってます!大変申し訳ありません。

 

『5!モンキー』

で幕開け。ダンサーさんはオレンジのつなぎを着た男性2人。

 

『モン・シロ』

女性ダンサーのGalaxxxxyさんのセクシーなダンスと比べて男性が踊るとまた違った印象。

 

『ぶーしゃかLoop』

お客さんみんなで歌ってたのしかった♪

 

『come baby』

一番アレンジが変わっていて、なんの曲かわからなかった!聞けてうれしかった!岡村ちゃんのマイクスタンドさすさす。

 

『聖書』

「179!」と観客で叫ぶのとかたのしい。

 

『彼氏になって優しくなって』

「♪Kissしたい~♪」のところのダンスが人差し指を唇にあてて、それをまっすぐ前にさしだす振りつけでたいへん素敵でした。

 

『だいすき』

ら~ら~ら~♪ら~~~ら~~~

 

『愛はおしゃれじゃない』

すごく盛り上がっていた印象。新曲からヒットが出て、お客さんが喜んでくれてよかった……と嬉しくなる。 ←ナニ目線

 

『できるだけ純情でいたい』

ギターソロ、白石さんが弾いていた!(ちなみにバンドのギターは、ジュンローさんではなく若い方になっていた)

 

白石さんはマニピュレータもできるし、MCもできるし、ギターも超渋い!白石さんはなんでもできるんだ!すごいや!

 

まさかこの後のMCで白石さんにあんなことが起こるとは。

 

・カバー曲

『シルエットロマンス』

めっちゃはまってた。ホーンセクションも完備したフルバンドなのに、キーボードのたいこふじこさんのみの演奏で、非常にぜいたく!

 

『I'm Not in Love』

以前もライブでやってくれて、大好きになった曲。その頃の私はまだ体力があり、この曲について長文のブログを書いたのを思い出した。なので、ライブの感想を書き残しておくのは大切だなぁと改めて思った。

 

 

『Paper Doll』(タイトルしりません......だったので、新曲かと勘違いしてましたがtwitterでフォロワーさまに教えていただきましたっ!ありがとうございます

 

岡村ちゃん「♪ぼくらの恋はまるでおもちゃさ 

♪君はただ僕のことひとり占めしていたいだけ 

♪もし僕を本当にひとり占めしたいなら

手のひらを握りしめ僕をつぶせばいいんだよ♪」
(このとき手をぎゅっと閉じる岡村ちゃん

 

 

私「えっ......////手のひらさえ握りつぶせば岡村ちゃんを独り占めにできるの……??」

 

 

 

 

↑できません。

  

 

 MC

白石さんが最前列の方から甘栗を渡されたり、うちわを渡されたり、ほのぼのしていた。

 

2回目のMCで白石さんがステージ上から突然消え、くるっと前転して回転レシーブのような動きをされていた(つまりこけた……?)。大変心配。大丈夫だろうか。

 

 

『アチチチ』

この曲、ほんと好き。ライブでの盛り上がりがヤバい。

岡村ちゃん「♪先輩がた♪」

観客「コッチコッチ!」

のやり取りが楽しい。リズムがはまって超たのしい。

 

『アチチチ』定番の岡村ちゃんの語り

岡村ちゃん「えっとあの......大切なことを伝えたいんだ……年末で、寒いし、服を着こんで……あの、あの……

 


レッツゴー!!」

 

 

私「キャ~~~~~//////」

 

 

 

 

↑なにがキャ~なの!?

 

 

 

と突っ込む自分もいつつ、なんか「キャ~」ってなるんですよね。岡村ちゃんのライブって。

 

まとめ

岡村ちゃんはステージの端っこまで細かく目線をくれるお方なので、けっこう目があいました(錯覚。

 

投げキッスも、たくさん賜りました(勘違い。

 

お客さんがたは終始ニコニコしていて、私も久しぶりに心からの笑顔になれた気がします。ライブ中、思いましたもの。

「あっ、エガオになっていいんだ……」

って。

普段どんだけ真顔で死んだ目をしていたのか逆に思い知りました、ええ。

 

 

また行きたい!また心からの笑顔になりたい!またきゃ~ってなりたい!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。