読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7cmでも切らなくていいのか

この記事に書いたとおり

私の体内にかけがえのない腫瘍が宿って

いることが最近判明しました。

先日造影剤をつかったCT検査を行って

その詳細を調べた結果が出て、3つとも良性でした。

 

がんじゃなかった、のか。*1

 

しかし、腫瘍3号のニュークスくんは

7㎝だったので、私はこう思っていた。

「良性でもさすがにこれは切るんでしょ?」

 

7㎝つったら、生まれたての子猫くらいですか?

CTの画像もみたけど、腹の中のスペース

めっちゃとってました、ニュークスくん。

 

しかし予想に反して医師はこう言いました。

「うん、手術の必要はないですね」

 

えええっ!ほんまか。

ええんか?ほんまに切らんでええんか?

ワイ、心の準備はできとる。

スパーっと切っちまいましょうよセンセイ!

 

と詰め寄りたい気持ちだったが

手術するとなるとお腹を開けなきゃいけないし

これは良性腫瘍なので取らなくてはいけないものではない、

経過観察だけでよい、とのこと。

 

「あ、あのあの、腫瘍があるほうに

圧迫感があっていたいんですが」

「気にしないでください」

「気にしない……」

「そう、気にせず。」

医師はあくまでも穏やかに微笑みながら私を送り出してくれた。

 

ニュークスくん、ごめん。

おばちゃん、君のこと

「かけがえのない」とか言っておきながら、

君ののせいでちょっとハラが痛いなー

とか思っちゃってて。

なんならさくっと君のこと

切り取ってすっきりしたいなーーーーなんて

思ってたんだけど、ほんとごめん。

 

人生に痛みはつきもの。

手術しなくても痛いし、

したところで痛みからは逃れられない。

 

同じ痛みなら、私の中に宿ったかけがえのない

ニュークスくんとともに生きていくほうがいいよね。

 

私は残りの人生、

ニュークスくん(腫瘍)とともに生きていく。

*1:

なんならもうがんが全身に転移してて、近々死ぬんだ

くらいに思ってたんだよね。

 

だったら死ぬまでにカラダ仕上げなきゃ、

こんなんで死ぬのとか超恥ずかしい!

と思ってジムにもちょっと焦り気味に

かよってたんですけど。